OPPO Reno 5A レビュー

5.0
ガジェット

OPPO Reno 5Aを購入したのでレビューする。

何故買ったのか

OPPOのReno Aシリーズといえば、初代OPPO Reno AとOPPO Reno3Aがあるけど、おサイフケータイ搭載でDSDV対応SIMフリー、防水、丁度いいサイズとそこそこ長持ちバッテリーと万人受けするシリーズ。
俺もReno3Aに魅力を感じていて、購入しようとしたことも何度かあったけど、良い機会に恵まれずに購入には至らなかった。

今回のReno5Aは3Aの欠点だった、スペックの低さを完全にカバーしてくれたスマホで、より完成度が上がったと感じたので購入した。

ちなみにヨドバシカメラのワイモバイルにて新規orMNPでReno5Aをセットで購入すると、本体価格18000円となるキャンペーンをやっている。
さらにOPPOもワイモバイルでReno5Aを購入するとPayPayボーナス3000円分プレゼントキャンペーンを行っている。

しかし、フリマアプリではすでに新品相場が25000円程度まで下がっている。シングルSIMのワイモバイル版といえど値下がりが早すぎる。

外観

まずは箱から。OnePlusシリーズの箱のようなデザイン。箱の下には黒色のラインが入っており、まるでチョコミントみたいなポップな印象を受ける。かなり良いデザインだと思う。↓

背面。俺が購入したのはアイスブルー。鮮やかな水色で、非常に綺麗。でも年を取ったオジサンにはきつい色かもしれない。カメラデザインは気持ち控えめだけど、GalaxyS20のような地味すぎるデザインでは無いからそこそこ良いデザインだと思う。↓

底面は左からスピーカー、USBTypeC端子、マイク穴、イヤホンジャック↓

上面はマイク穴のみ↓

本体右側面。電源ボタンのみ↓

本体左側面。画像右からSIMカードトレイ、音量ボタン↓

カメラパンプは500円玉の厚みとほぼ同じ。結構飛び出ている。↓

ディスプレイ。ベゼルは本体下側が少し広い。パンチホールの大きさは少し大きめ。↓
最近のスマホはパンチホールばかりになってきたけど、俺は元からノッチよりもパンチホールが好きだし、ティアーノッチなんか大嫌いなので嬉しい限り。

上がOPPO Reno5A、下がGalaxy S21

ディスプレイは6.5インチ。16:9の動画はそこそこ大きなサイズで表示される。↓

上がOPPO Reno5A、下がGalaxy S21

本体重量は実測183.3gだった↓(ケースは本体の保護のために置いてるだけで重量には入っていない

付属ケースをつけた状態で201.9gだった。↓

純正ケース

付属してくるケースはクリアのTPUケース。艶がある普通のケース↓指紋認証センサの位置がズレている…

底面。穴位置がズレているし、TypeC端子部分なんかは大きく歪んでいる…↓

側面。ディスプレイの縁すべてを覆うのではなくて4隅のみディスプレイを保護している。↓
これのおかげでスマホを操作する際は画面の縁を触りやすいけど、防御力は少し心配。

上面。マイク穴の位置が大きくズレている…↓

ケースの高さとカメラの高さはほぼ同じくらい。カメラの保護は期待できない。↓

付属してくる純正ケースはかなり質が悪い。Aliexpressで買える200円のケースでももう少しまともじゃなかろうか。試供品扱いとはいえ付属のケースの質がここまで悪いのは初めて見た。

スペック

サイズ 約W75×H162×D8.2mm
重さ 約182g
バッテリー容量 4,000mAh
プラットフォーム Android™ 11(ColorOS 11)
CPU Qualcomm®Snapdragon™765G
ROM / RAM容量 128GB / 6GB
対応外部メモリ / 対応最大容量microSDXC™/ 最大1TB
SIMスロットシングルSIM(nano USIM + microSD)
データ通信方式 LTE / AXGP / 5G
最大通信速度(5Gの場合)下り最大1.8Gbps / 上り最大110Mbps
最大通信速度(4Gの場合)下り最大722Mbps / 上り最大46Mbps
対応周波数 FDD LTE:1/2/3/4/5/7/8/11/12/17/18/19/21/25/26/28
TD-LTE:38/39/40/41/42
Sub6:n3/n28/n77/n78(NSA)
VoLTE(HD+) / VoLTE / HD Voice(3G) ● / ● / ●
サイズ 約6.5インチ
表示方式 TFT
解像度 2,400×1,080(フルHD+)
有効画素数 [メイン]約6,400万画素 + 約800万画素 + 約200万画素 + 約200万画素
[サブ]約1,600万画素
記録サイズ(動画) 3,840×2,160ドット
手ブレ補正(静止画/動画) - / ●
Wi-Fiテザリング機能(最大接続台数) ●(10台)
おサイフケータイ® 
NFC 
防水 / 防塵 IPX8 / IP6X
無線LAN a/b/g/n/ac
Bluetooth® ●(Ver.5.1)
生体認証 指紋、顔
https://www.ymobile.jp/lineup/a101op/

Antutu ver9

Antutu ver9の測定結果は387100だった。スペックはまあまあだけど、温度上昇が少なく、安定していることが分かる。↓

設定の中に高パフォーマンスモードがあり、それを有効にして測定すると395300だった。
温度上昇は激しくなっている。↓

Antutu ver8

Antutu ver8で測定すると323718だった。↓

高パフォーマンスモードを有効にして測定すると330975だった。↓

スペックは一応30万点を超えていて、軽い使い方であれば問題なく数年間使えそう。

バッテリー持ち

いつものようにPCmarks for AndroidでBatteryLifeの計測を行ったんだけど、何故かエラーが出て失敗するので計測できなかった。

代わりにYoutubeで1080p動画を明るさ50%、音量ゼロで2時間流してみた。
Reno5Aはリフレッシュレート90Hz設定だけど、Youtubeアプリ上では常に60Hzだったし、S21は元から60Hzで運用しているのでリフレッシュレートは同条件。
結果は

  • Reno5A:100% → 87%(13%減少)
  • Galaxy S21:100% → 88%(12%減少)

僅かながらS21の方が良い結果になった。
GalaxyS21の60HzでのPCmarks for AndroidのBattery lifeテストの計測結果は11h1minだった
GalaxyS21も購入して2ヶ月が経過していることから、多少バッテリーが劣化していると考慮すると、Reno5AのBatteryLifeスコアは10h~10h30min程度と推定する。

ライバルのRedmi note10Proのスコアは60Hzで15h33min、120Hzで11h39minなのでReno5Aのバッテリー持ちは悪くないけどRedmi note10Proには惨敗。

カメラ

Galaxy S21と比較していく。Reno5Aのカメラのセンサーサイズは調べても出てこなかった。

Redmi Note10Proと比較したい方はこちらも見比べてほしい。(別タブで開きます)

【昼】空とクレーン

標準カメラ

望遠カメラ

Reno5Aは倍率2倍に対してS21は倍率3倍

【昼】花


昼の撮影に関してはS21とさほど変わらないように見える。

【夜】公園

標準カメラ

標準カメラ(夜景モード)

望遠カメラ

望遠カメラ(夜景モード)

広角カメラ

広角カメラ(夜景モード)


夜の公園に関して、夜景モードは非常に綺麗で、ノイズの多さは気になるが写真の明るさや露出のバランスに関してはGalaxy S21に匹敵する。
でも夜景モードを使用しなければダメダメ。

【夜】街

標準カメラ

望遠カメラ

広角カメラ


標準カメラと広角カメラは露出が強めだけどギリギリ致命的なレベルではない。広角は少しフレアが出ている。望遠カメラは露出のバランスもかなり良い。
光量の多い夜の街においては、悪くないカメラであるように感じた。
でもライバルとなるRedmi Note 10Proのカメラがハイエンドクラスだったので、それに比べるとReno5Aのカメラはあくまでもミドルレンジ止まりの品質で弱く感じる。

Redmi note10Proのレビューは以下

良い点/悪い点

良い点

サイズと重量が丁度良い

Reno5Aは6.5インチのそこそこ大画面を搭載しながら重量は182gと、そこそこ軽い。持っていても重いとは思わない。

物理指紋認証センサで爆速

指紋認証は背面に物理指紋認証センサを搭載していて爆速。
画面内指紋認証は画面に保護ガラスを貼ると認証精度が落ちるけど、物理指紋認証だと気にせず画面に保護ガラスを貼れる。

ディスプレイの発色が良い

Reno5Aは有機EL搭載のReno3Aからダウンして液晶ディスプレイだけど、発色が非常に良い。

下の画像は左がGalaxyS21で右がReno5A。明るさはどちらも同じ位に揃えてある。流石にS21の有機ELには勝てないけど、めちゃくちゃ発色が良いし視野角も広い。見ていて気持ちが良い。

Redmi note10Proなど安物スマホの有機ELは個人的に発色が好きじゃないけどReno5Aのディスプレイはいい感じ。

ちなみにこの画像の壁紙はOnePlusのライブ壁紙を使用している。
気になる人は別の記事を見てほしい。

及第点のカメラ

Reno5AのカメラはRedmi note10Proには及ばないけれど、決して悪くはなく、ギリギリ許せる品質だった。
Redmi note10Proの魅力がカメラならばReno5Aの魅力はおサイフケータイで、Reno5AのカメラがRedmi note10Proのカメラを超えることは無いと分かりきっていたけど、ギリギリ許せるレベルだったのは嬉しい。

動きがぬるぬる

Reno5Aはリフレッシュレート90Hzしか対応してないけど、動きがサクサクヌルヌル。完全にRedmi note10Pro以上。
SoCがRedmi note10Proよりも良いものを使っているからなのかもしれないけど、使っていて気持ちいいしストレスを感じない。
普段Snapdragon888を搭載したGalaxyS21を使っている俺でも全くストレス無く操作できたので、ライトな使い方ではハイエンドど変わらぬスムーズな動作を実現してくれている。

OSが使いやすい(俺にとって)

XiaomiのMiUIは俺と相性が悪く、Redmi note10Proも以下の3つのソフト面の不具合等があった。

  • Novaランチャーを使いながらジェスチャコントロールが使えない
  • 愛用している明るさ調整アプリが使えない
  • Amazonプライムビデオアプリで最高画質を選べない

OPPOのColorOSは俺にとって相性が良いみたいで、上記3点の不具合等は一切発生しなかった。
プライムビデオも最高画質で視聴できる。

悪い点

音質が微妙/モノラルスピーカー

Reno5Aはモノラルスピーカーな上、音質自体も決して良くはない。
音自体がシャカシャカしていて音が軽い。動画を見る上で致命的なまでにモチベが上がらない。
Redmi note10Proはステレオスピーカーで音質もReno5Aより全然良かった。

リフレッシュレートは可変ではない

Reno5Aの画面のリフレッシュレートは90Hzで、Redmi note10Pro等の120Hzに及ばない上に、常に90Hz固定だった。
Redmi note10Proや俺がメインスマホとして使っているGalaxyS21は120Hz運用でも操作しない時は自動で60Hzまでリフレッシュレートを下げて省エネしてくれる可変リフレッシュレート。
Reno5Aのリフレッシュレートに関する作り込みは甘い。

指紋認証の位置が背面

Reno5Aは爆速物理指紋認証を搭載しているけど、背面にセンサーがある。
指紋認証センサーの位置が背面だと、スマホを机に置いているときやスタンドに置いている時に指紋認証が使用出来ない。
Galaxy S21の画面内指紋認証センサーなんかはセンサー面積も大きくなったし認証も爆速になったので、物理指紋認証センサーといえど背面にあると魅力が薄い。
Redmi Note10Proは側面に電源ボタン一体型で指紋認証センサがあったので、スタンドに置いていても指紋認証が出来た。

バッテリー持ちがあまり良くない

Reno5Aのバッテリー持ちは2ヶ月しっかり使ったGalaxyS21を僅かに下回るもので、あまりバッテリー持ちが良いとは言えそうになかった。
この価格帯のスマホは省電力のSoCと大容量のバッテリーを持つスマホが多いので、同価格帯のライバル機種に比べるとバッテリー持ちでは完全敗北しそう。

Redmi note10Proと特徴を比較

完全なライバル機になるだろうRedmi Note10Proと特徴を簡単に比較してみる。

Redmi note10ProOPPO Reno5A
スペック
Antutu ver8
少し心もとない
約286000
まあまあ良い
約323000
サイズと重量6.67インチ
193g
6.5インチ
183g
カメラ良い普通
バッテリー持ち良い普通
ディスプレイ安物有機EL液晶だけど発色綺麗
デザイン良い普通
おサイフケータイ無し有り
スピーカー良い悪い
OSの使いやすさ
(独断と偏見)
使いにくい使いやすい

Redmi Note10Proは価格に見合わぬハイレベルな品質のコスパモンスター。でもSoCは弱くOSも癖が有るし、おサイフケータイは無い。

Reno5Aは全てが価格なりでそこそこな性能だけどおサイフケータイもあるしソフトも使いやすく質実剛健って感じ。

どっちも欠点と言う欠点が無いので、おサイフケータイの有無で考えれば良いと思うけど、俺はOSの使いやすさでOPPO一択であることが今回判明した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました