Galaxy S20を買った。

4.0
ガジェット

Galaxy S20を買ったので簡単にレビューする。

何故買ったのか

俺はGalaxy S9とS10を続けて購入したんだけど、S20は購入する気なかった。
理由は後述する。
Galaxy S21が発表された直後にGalaxy s20を買った理由としては、ただただ安かったから。
とある場所で傷なし利用制限○で48000円弱で買えた。売っても余裕で利益が出る。

外観

外観はGalaxy S10のカメラの位置が変わった感じ。

左がS20、右はS10↓

本体左側面には何もない。↓

右側面は音量ボタンと電源ボタン↓

本体上にsimカードスロットがある↓

本体下はUSBtypeCとスピーカーがある。

外観を見ても分かるように、イヤホンジャックとBixbyボタンが無くなった

P40Proとのサイズ比較↓
P40Proの方がデカくて重くてかっこいい

Antutu

ScCはスナドラ865を搭載。
メモリは12GB

Antutuベンチマークは調子よくて58万弱。
大体55万点ほど出る。
もちろん全く文句なしの性能。

ちなみに1年使ったGalaxy S10のスコアは40万点ほど↓

S10を再起動したあと冷蔵庫でキンキンの状態で計測すると44万点ほど↓
S20は同様に再起動し冷蔵庫で計測しても57万点だった。

P40Proのベンチマーク↓
平常時50万点弱。冷蔵庫で計測しても50万点少し超える程度だった。

Galaxy S20の感想

購入前のGalaxy S20のイメージは悪かった

冒頭にも書いたように俺はGalaxy S20を買うつもりは無かった。
Galaxy S20に対するイメージはめちゃくちゃ悪かったから。
理由としては以下

1. デザインがダサい

いきなり個人の感想だけど、デザインがダサい。絶妙にダサい。Galaxy S10はめちゃくちゃかっこいいわけでは無かったけど、背面の中央に位置するカメラはシンメトリーで、個人的に悪いデザインとは思わなかった。
でもS20はiPhoneやHuaweiのP20などのように画面の端にカメラが移動し、しかもカメラユニットが小さいので地味な見た目になり、個性が全く無い。カメラが大きなS20Ultraはまだ良いけどカメラユニットが小さいS20は個性を完全に失った。

2.悪名高いSnapdragon865を搭載している

スナドラ865はバッテリー持ちが悪いことが多く報告されており、スナドラ865を搭載しているだけで購入を躊躇するようになっていた。

3. イヤホンジャックが無い

S20からついに3.5mmイヤホンジャックが廃止された。イヤホンジャックの中にはホコリが溜まるし、俺は普段Galaxy Buds+で音楽を聞くのでイヤホンジャックは無くても問題ないが、一応有線イヤホンをバッグの中に入れ、たまに使うのでまだイヤホンジャックはあったほうが嬉しい。

4. Bixbyボタンが廃止された

S20からはBixbyボタンが廃止された。BixbyボタンとはサムスンのAIアシスタントアプリで、世間的にはBixbyなんか使わないし、BixByボタンなんかいらねぇよという声が多かった。
俺もBixByなんか使わないんだけど、Bixbyボタンはリマッピングしてバリバリ使っているので、このボタンを無くされると困る。
俺のBixbyボタンの使い方は、
1回押し → フラッシュライト点灯
2回押し → Googleアシスタントの起動(家の家電をコントロールする)

Bixbyボタンは他のスマホには無いので、無くても良いけど俺は便利に使っている。

購入後のGalaxy S20の感想

S20の欠点

実際にS20を購入して、上であげた4点のS20に対する悪いイメージの理由はそのまま欠点となった。
S20はやはりデザインがダサい。今回記事を書くためにS20の写真を撮っていてもダサすぎる外見にやる気が出なかった。
S20のバッテリー持ちはめちゃくちゃ悪くて、1年使ったS10と同レベルでぐんぐんバッテリーが減る。昼の1時間と往復50分ほどの通勤中にYoutube動画を見るだけで17時にはバッテリーは50%程にに落ちている。残業して21時とかに帰るともう30%とか20%とか。
イヤホンジャックはもちろん無いしBixbyボタンも無い。

S20の良かった点

S20の良かった点は下記3点

1. 120Hzのリフレッシュレート

S20はディスプレイが120Hzのリフレッシュレートに対応している。
俺はS20で初めて120Hzを体感したんだけど、なかなか良かった。確かにヌルヌル動くし、気持ちいい。P40Proの90Hzとは違い明確に60Hzとの違いを体感できる。ただ、別に60Hzでいい
多くのYoutuber等が120Hzを絶賛し、もう60Hzには戻れないと言っているが、俺は別に60Hzでも問題ない。スマホを買う際の条件に120Hzを入れる必要はない。
しかし、120Hzに対応していれば60Hzと120Hzを好きに切り替えられるので対応していないよりは対応している方が良い。

2. 持ちやすい

S20の画面サイズは6.2インチで、S10の6.1インチと殆ど変わらないんだけど、S20の横幅は69.1mmで、これはS10の横幅70.4mmより1mm以上小さい。たったの1mmぐらい気にしてなかったんだけど、実際に手にすると全然違う。S20は持ちやすい。S10がめちゃくちゃデブに感じる。
ただ、S20は画面が縦長なのでS10に比べて16:9のアスペクト比の動画が小さく表示される。

上がS20で下がS10↓

3. やはりGalaxyの完成度は高い

Galaxyはスマホ世界シェア1位なだけあって、OneUIの使いやすさやハード、ソフト両面での完成度がAndroidで1番だと感じているんだけど(Xperiaは論外、XiaomiやHuaweiもソフトウェアの作り込みでGalaxyには勝てないと感じる)、S20は欠点を抱えながらも俺がS9で初めて触れ、感動したGalaxyの高い完成度や使いやすさ、安心感は失っていない。Android11、OneUI3でさらに磨きが掛かっていた。

まとめ

S20はバッテリー持ちが悪い。良くも悪くもイヤホンジャックやBixbyボタンが廃止された。個人の感想だけどデザインがダサい。120Hzは良い。
完成度は高いけど、S10から乗り換える価値は無い。
売ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました