Huawei P40Proレビュー

4.5
ガジェット

Huawei P40Proを購入したのでレビューする。

なぜP40Proを購入したのか

P40Proと言えばHuaweiのスマホ。アメリカからの制裁によりGoogleのサービス(GMS)が使えない。
俺はメインスマホはおサイフケータイ機能があることが条件なので、もとよりサブスマホとして、DxOベンチマークで132点を叩き出したカメラとGMS無きhuaweiスマホを楽しむために購入した。

P40Proの特徴

P40ProはGMS(Google Mobile Service)が無いためGooglePlayStoreが無い。その代わりHMS(Huawei Mobile Service)が搭載され、huawei独自のAppGalleryが用意されている。

カメラは最強。DxOベンチマークで132点を記録し、この得点は2020年12月現在で世界第3位。

外観

P40Proはカメラユニット以外はP30Proとよく似ている。

カメラユニットは大型化している。個人的に結構好き。

本体右側面には電源ボタンと音量ボタンがある。電源ボタンには赤いラインが入っている。
左側面には何もない。

フロントディスプレイは2眼パンチホールディスプレイ。

特徴的なデザインであるMate40シリーズも良いけど、少し落ち着いたデザインのP40Proも結構好き。

ただし重量は重い。ケースつけていない状態で206.3グラム。

ケースつけた状態で238.7グラムもある。

この重量だと普通に片手で持っていても数分立つと腕が痛くなってくる。

ディスプレイは90Hzのリフレッシュレートに対応しているけど、60Hzとの違いは殆ど実感できなかった。120Hzならともかく、90Hz程度という中途半端なリフレッシュレートに対応するぐらいなら初めから60Hzのままでも良いのでは無いかと感じた。
その点iPhone12シリーズは遠慮なく60Hzのままで気持ち良い。

カメラ作例

P40Proのカメラで撮った写真の作例なんて調べれば多く出てくる。俺は夜景を特に重視したかったため、簡単な夜景だけここに載せたい。

比較対象として俺がメインスマホとして使っているGalaxy S10、Mate20Proの写真も出す。

まずはGalaxy S10から

次にMate20Pro

最後にP40Pro

ダントツでP40Proが明るい。ただ明るいだけではなく、P40Proのみ写真左中央にある和味の看板の白飛びが抑えられており露出も適正。ノイズも目立たず、センサーサイズの大きさが役立っている。

生体認証の精度がめちゃくちゃ高い

P40Proには生体認証として顔認証と指紋認証が搭載されているんだけど、速度がめちゃくちゃ早くなった。確実に進化している。

顔認証はMate20Proがでかいノッチを活かして3D顔認証を搭載しており、多少環境が変わっても爆速で顔認証が出来た。一方で2Dでの顔認証だったGalaxy S10は全然顔を認識してくれず、精度が低かった。
P40ProもGalaxy S10と同じくパンチホールディスプレイを採用したスマホであり2Dでの顔認証なんだけど、爆速でロック解除できるし、外出先でも風呂上がりでも問題なく認識する。感覚的にはMate20Proの3D顔認証と同等に感じる。

指紋認証は光学方式だけど、こちらも爆速でロック解除できる。風呂上がりのふやけた指でも外出中の乾燥した指でも完璧に認証する。P40Proを使用して1周間経つけど、一度も失敗していない。毎度確実に爆速で認識してくれる。

顔認証、指紋認証ともにこの完成度なら全くストレス無く使えてめちゃくちゃ快適。

Aututuベンチマーク

Aututuベンチマークは470388点だった。同世代のSnapdragon865搭載端末に比べると若干低い。
Antutuのバージョンは8.5.1

感想

期待通りの素晴らしいカメラ性能に、全くストレスを感じさせない生体認証、派手すぎずにカッコよさを維持するデザインなど、スマートフォンとしての完成度は非常に高く感じた。

GMSが無い点に関して、流石に「GMSが無いけどなんとかなるよ」とは言えない。youtubeやGoogleマップ等はブラウザ版があり、それをアプリのように使うことが出来るが、アプリに比べると動きがワンテンポ遅れる。無いよりはマシ程度。
俺はyoutubeアプリからテレビに動画をキャストして、テレビの大画面でyoutubeを楽しんでいるんだけど、ブラウザのyoutubeではキャストが出来ない。
あとchromeが使えない事が俺にとってダメージが致命的。

AppGallaryはメジャーアプリ以外は無く、少なくともまだ20代の俺にとってはGooglePlaystoreの変わりにはなり得ない。(話題のゲームやアプリ等に特に興味がなく、いつもほぼデフォルトの状態でスマホを使っている人であればさほど問題なく使えるかもしれない)

GMSさえあればGalaxy S20くらいは余裕で消し飛ばせるレベルの完成度なだけに、GMSが無いのは非常に惜しい。

GMSを導入した

という事でGMSを導入した。2020年12月現在でGMSを導入しようとする日本人があまりおらず、情報が出回っていないため、少し難航したが、GMSを入れることが出来た。
GMSを導入する方法に関しては別の記事にまとめているので見てほしい。

GMSを導入したことによりyoutubeもGoogleマップもGoogleドライブもChromeもアプリで使える。
全く文句は無くなった。
GMSを導入してもメルカリにログイン出来ない、楽天linkのSMS認証が成功しないなど、多少の不具合があり、不安ではあるけれども、それでも完璧に近いスマホになったと感じる。

P40ProはGMSが無いことから相場も下がり気味でメルカリでは7万円と少しで購入できる。
これはスペック、カメラ、完成度を考えるとかなりお買い得だと感じる。
GMSを導入できればコスパ的にも非常にお得な端末となるのではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました