P40ProにGMSを導入する方法

ガジェット

Googleから締め出されたHuaweiのP40 Proを購入した。
GMSを導入したんだけど、2020年6月頃ならまだしも12月現在にGMS導入しようとする日本人がいなくて、全然GMS導入の情報が無くて困ったからここに記したい。

何が起こっても自己責任でお願いします。

GMSとは

GMSとはGoogle Mobile Serviceの略で、米グーグル(Google)が提供するアプリやAPIをまとめたもの。グーグルが作成し、配布している。
Huaweiはアメリカの制裁でGMSが利用できないため、Huawei製スマホにAndroidが入っていてもGmailやGoogle Play StoreやGoogleマップ等が使えず非常に不便。

この記事は2020年12月現在でHuaweiのスマホにGMSを入れる方法を紹介する。

準備するもの

P40ProにGMSを導入するにあたり、準備するものは以下

  • ① ファームウェア(ビルド番号)10.1.0.131付近のP40Pro
    ② (①がない場合)Ver10のHiSuiteが入ったPC

まず①に関して説明する。
GMSの導入はiPhoneの脱獄やPSPの改造みたいなもので、P40Proのファームウェアは古ければ古いほどGMSを導入しやすい。具体的にはビルド番号10.1.0.131あたり。
10.1.0.150とかでGMS導入している海外の動画もあったが、難易度を考えると10.1.0.131が一番丁度いいと思う。
ビルド番号は設定アプリ内の「端末情報」から確認できる。
ちなみに俺のP40Proは購入時のファームウェアは10.1.0.179とかだったと思う。

次に②のver10のHiSuiteについて説明する。
上の①で、ビルド番号10.1.0.131のP40Proが必要だと書いたが、既にそれ以上のバージョンのOSが入っていしまっていた場合、ダウングレードしよう。

ダウングレードというのはOSのバージョンを古いものに戻すこと。
ダウングレードはHiSuiteという、Huawei公式のPC用スマホメンテナンスソフトで出来る。
ただし、ダウングレード出来るのはVer10のHiSuiteまで。今Huawei公式HPからダウンロード出来るHiSuiteはVer11なので、Ver10のHiSuiteをネットから探し出してインストールしなければならない。

Ver10のHiSuiteはこちらからダウンロード出来る。

P40ProへのGMSのインストール方法

手順1 P40Proのダウングレード

P40Proのダウングレードは、P40ProとPCを繋ぎ、PCにインストールしたHiSuite(Ver10)で行う。
詳細なダウングレード方法は別のブログ記事を参考にしてほしい。

P40 Proのファームウェアとダウングレード方法!
P40 Proのファームウェアのダウングレード方法について解説しています。GMSインストールが何度やっても出来ない時、文鎮化してしまった時などに活用ください。

ちなみに、上のブログ記事で行っているファームウェアのダウングレード方法を利用できるのがVer10のHiSuiteであり、現在配信されているVer11のHiSuiteではダウングレード出来ない。
Ver10のHiSuiteはこちらからダウンロード出来るので、これを利用しよう。

実は、「Ver11のHiSuiteではファームウェアのダウングレードが出来ず、Ver10のHiSuiteをネットで探してダウンロードする必要がある」という点がどこにも無い情報で、この結論に行き着くまで時間がかかった。この点が2020年12月現在でGMSを導入するにあたり関門となる一つのポイントだと思う。

手順2 GMSをインストールする

GMSを導入する方法はネット上に多数あるけど2020年4月~7月頃に多く使われていた方法はいくらダウングレードしても使えない。
具体的には、2020年4月~7月頃のGMS導入方法で用いられていた、設定アプリ内の「ユーザーとアカウント」からGoogleにログインする事が既に出来ないという問題がある。恐らくだけどGoogleに防がれている。

いよいよ実際にGMSをインストールするんだけど、方法はこの動画を参考にした。

20201002 New Huawei GMS 教學 No PC No USB P40PRO 請看底下說明及留言回報 huawei google install October 2020 ENG CC

この動画の概要欄に書かれているリンクにアクセルし、GMSインストール用のファイルをダウンロードする。リンクはこちら

後はこの動画の通りに手順を踏むだけ。動画は0.25倍速ぐらいに、じっくり動画を見よう。

ざっくりした手順を以下に示す。
GMSを導入したのは1週間前で、1週間前の経験を今もう一度動画を見て思い出しながら手順を書くのであくまでも参考程度にして欲しい。

  1. GMSインストール用のファイルをP40Pro内に入れる。
  2. P40Proの日付を2019年にする。(日付の自動取得はオフにする)
  3. P40Proの設定内のアプリ一覧から「バックアップ」アプリを検索し、アンインストールする。
  4. 1.のファイル内のhuawei.apkをインストール。中身は2.で削除したバックアップアプリです。
  5. ファイル内のbackup.rarを解凍し、3でインストールしたバックアップアプリで解凍したbackupファイルからデータを復元する。
  6. ホーム画面に「谷歌服助手」というアプリがインストールされているのでそれを開き、下載をタッチする。
  7. 日付を自動取得に戻す。
  8. ファイル内の「1-login.apk」をインストール、インストールしたアプリ(microGだったかな?)からGoogleにログイン
  9. ファイル内の「2-PlayStore.apk」「3-GSF login.apk」「4-Contacts Sync.apk」をそれぞれ順番にインストールする。
  10. 設定アプリ内「ユーザーとアカウント」からGoogleを選択し、アカウントを選択、同期設定から「連絡先を同期」をオンにする。
  11. ファイル内の「5-GSF.apk」をインストールする。
  12. ホーム画面にある、8.でインストールしたmicroG設定をアンインストールする。
  13. ファイル内の「6-GMS.apk」をインストールする。
  14. 再びファイル内の「5-GSF.apk」をインストールする。
  15. P40Proの設定内のアプリ一覧から「go」と検索し、出てくるGoogle関連アプリの中から「GooglePlaystore」を強制停止する。「Gooleサービスフレームワーク」「Googleアカウントマネージャー」の2つも強制停止し、この2つはデータを消去する。データの消去はアプリ情報画面からストレージを選択し、データの消去をタップする。
  16. 端末を再起動する。
  17. 再起動後に再びファイル内の「6-GMS.apk」をインストールする。
  18. もう一度15.を繰り返す(Googleplaystoreの強制停止、サービスフレームワークとアカウントマネージャーの強制停止とデータの消去)
  19. 端末を再起動する。
  20. 再起動後にGoogle Play Storeのデータを消去する。
  21. ファイル内の「7-GMS.apk」をインストールし、再起動する。

以上で終了。

どうしても導入できない場合

どうしてもGMSの導入に失敗する場合、上で俺が紹介している動画の方法も既に防がれている可能性がある。
その場合、自分で参考になる新しい導入方法の動画を調べるしかない。
上の動画も誰かに紹介されていたわけでもなく俺が自分でyoutubeで探した動画なので、GMS導入方法動画の探し方を記載する。

検索ワードを「P40Pro google installation」で、アップロード日が新しい順に動画を検索する
これで海外の有志によるGMS導入方法の動画が新しい順で出てくるはず。後は頑張って欲しい。

GMSを導入してから1週間経過した感想

P40Proを購入、GMSを導入してから1週間が経過した。
動作は全く問題ない。Youtubeアプリも使え、テレビへのキャストも出来るしyoutube musicもバリバリ使える。
パスワードも自動入力してくれるしGooleマップもよく動く。
感想としては最高の一言に尽きる。
デザイン良く、カメラ最高でGoogleもしっかり使える。
これでおサイフケータイがあったら昇天してたと思う。

ただし、数日経過してメルカリが動作しなくなった。再インストールしてもダメ。楽天LinkもSMS認証がどうしても通らない。無理やり入れたGMSの影響なのかどうかは分からない。
GMSを導入して非常に使いやすくなったけど、100%完璧では無いので注意。GMSを導入できたけど、メインスマホには出来ない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました